大阪の司法書士・行政書士による専門家集団

ニュース

朝日新聞社様から相続放棄について取材を受けました

グループ代表 椎葉基史が朝日新聞社様から相続について取材を受け、2020年2月27日発刊 朝日新聞夕刊の11ページ、NEWS+α「もっと知りたい」の

相続3⃣『相続放棄 空き家の処分は誰に責任?』

に記事が掲載されました。

昨今報道されています空き家の相続ついて相続放棄をした場合でも不動産の場合は次の管理人が決まるまで物件を管理する義務が生じることについてコメントしています。
また、2015年に空き家対策特別措置法が全面施行され、倒壊の恐れのある空き家は自治体が強制撤去できることになりましたが、相続放棄されている場合は一般的に自治体が負担する場合が多いようです。
売却で費用が回収できなければ多額の税金を使う場合もあり、撤去に踏み切れない場合もあるのが現状であるとしています。



週刊誌「女性セブン」(小学館)にインタビュー記事が掲載されました

グループ代表 椎葉基史が週刊誌「女性セブン」様(小学館)から相続について取材を受け、2020年1月16日発刊の女性セブン内の記事

『家族・親族と「絶縁」するための手続き』

にインタビュー記事が掲載されています。

昨今報道されています家族・親族内でのトラブルについて話し合いだけでは収まらないケースも多くあります。
そのようなトラブルでお困りの場合、転居先を突き止められないようにする「住民票閲覧制限の支援措置」などの手段もあると述べています。
また、配偶者に先立たれ、姑や舅と折り合いが悪く、介護などを続けたくない場合などに法的に縁を切ることのできる「死後離婚」についても述べています。
死後離婚は義父母などの同意は必要なく、自分の意思のみで提出できます。ただ、自分の子は義父母の血族であることに変わりはなく、縁を切ることができないためよく考えて手続きをすべき、とコメントしています。

女性セブン



「全国賃貸住宅新聞」で書籍が紹介されました

2019年12月9日発刊の、賃貸経営・土地活用・資産運用の最新ニュース等情報掲載の週間新聞「全国賃貸住宅新聞」に、グループ代表の椎葉基史著の書籍

『身内が亡くなってからでは遅い「相続放棄」が分かる本』(ポプラ社より出版)

が紹介されました。

相続放棄をしてもなお残る「管理義務」や、昨今相談の増えている「負動産」問題・借地上にある相続放棄手続きについてコメントしています。

全国賃貸住宅新聞



ytv「情報ライブ ミヤネ屋」出演させていただきました

グループ代表の椎葉基史が、読売テレビ(日テレ系列)様の午後の情報番組、

『情報ライブ ミヤネ屋』

に出演させていただき、ある日突然降りかかる「負のいきなり相続」についてお話させていただきました。

  • ・疎遠な親戚の負の「いきなり相続」
  • ・相続放棄手続きと混同されやすい遺産分割協議
  • ・相続手続きの期限「3ヶ月ルール」
  • ・「連帯保証人」と「負動産」の相続放棄
  • ・「いきなり相続」巻き込まれたらどうしたら良いか?

また、番組内で煩雑で難しい手続きであると放送されている「限定承認」手続きにつきましても、弊社事務所運営の

「限定承認相談センター」

にてお手続きさせていただいており、多数の実績がございます。



NHK 「クローズアップ現代+」VTR出演させていただきました

グループ代表の椎葉基史と司法書士法人ABC運営の「相続放棄相談センター」が相続放棄についての取材を受けまし12月19日に放送の、

NHK NEWS WEB ビジネス特集配信記事『突然の迷惑相続、その実態は』

にて相続放棄手続きの専門家としてVTR出演させていただきました。
ある日突然、見知らぬ不動産や多額の借金の相続人であると連絡があり、身に覚えのない相続の案件に巻き込まれてしまう、そんな経験をした人が増えています。
事務所へご来所されたご相談者様との面談の様子や事例、また実務の現場から見えてくる様々な問題について、代表椎葉がお話させていただいています。

また、番組内で煩雑で難しい手続きであると放送されている「限定承認」手続きにつきましても、弊社事務所運営の

「限定承認相談センター」

にてお手続きさせていただいており、多数の実績がございます。


こちらより記事ページへアクセスしていただけます➡

※別サイトのウィンドウが開きます



NHK NEWS WEB「ビジネス特集」の配信記事に掲載されました

グループ代表の椎葉基史が相続放棄についての取材を受けましたインタビュー記事が、

NHK NEWS WEB ビジネス特集配信記事『突然の迷惑相続、その実態は』

にて、掲載されています。
ある日突然、見知らぬ不動産や多額の借金の相続人であると連絡があり、身に覚えのない相続の案件に巻き込まれてしまう、そんな経験をした人が増えています。
そんな「身に覚えがない突然の迷惑相続」が増えている理由の一つとして相続放棄手続きを申し立てる人が急増している事実について述べています。


こちらより記事ページへアクセスしていただけます➡

※別サイトのウィンドウが開きます



幻冬舎の総合情報サイト「幻冬舎GOLD ONLINE」にて連載記事6回目が配信されました

幻冬舎の総合情報サイト「幻冬舎GOLD ONLINE」にて、ABCアライアンスグループ代表の椎葉基史著の書籍
『身内が亡くなってからでは遅い「相続放棄」が分かる本』
から一部を抜粋しました連載記事

「資産ではなく負債…借金より深刻な「負動産」相続の実態」

が配信されています。
最終回の第6回目(2019年9月15日配信)は、

『年40万円が飛んでいく…相続放棄できない古マンションの悪夢』

子供の頃暮らした地方にある築37年の分譲マンションを相続しましたが住む予定はなく、遺品整理が終わり次第売却する予定でいました。
昔の団地のような建物で、エレベーターもなく部屋は4階にあり、駅から徒歩30分以上かかる不便な場所にあるものの「多少の価値はあるだろう」とご相談者様は思っていらっしゃったそうですが売れる気配はなく、50万円というタダ同然の価格で売りに出していますが1年経っても未だ買主は現れていません。
マンションが売れない限り、今後も固定資産税や月々の修繕費と管理費を合わせ年間40万円近くのランニングコストを払い続けなくてはならない事に恐怖を感じている、という事例が掲載されています。

このように相続財産に売れない不動産(負動産)や相続したくない不動産などが含まれる場合のご相談は専門家在籍のABCアライアンスグループまで是非ご相談下さい。
ABCアライアンスグループではお客様のお話を丁寧にお伺いしまして、お客様にとって最適なプランをご提案させていただいております。


こちらより記事ページへアクセスしていただけます➡

※別サイトのウィンドウが開きます



幻冬舎の総合情報サイト「幻冬舎GOLD ONLINE」にて連載記事5回目が配信されました

幻冬舎の総合情報サイト「幻冬舎GOLD ONLINE」にて、ABCアライアンスグループ代表の椎葉基史著の書籍
『身内が亡くなってからでは遅い「相続放棄」が分かる本』
から一部を抜粋しました連載記事

「資産ではなく負債…借金より深刻な「負動産」相続の実態」

が配信されています。
第5回目(2019年9月8日配信)は、

『10万円でも売れない…相続した「リゾートマンション」の絶望』

お父様が所有していたリゾートマンションを3年前に相続しましたが、今後利用する機会もあまりないと思い売却を決意。
リゾートマンションのブームも過ぎ去っていることから売却金額もそこまでにならないと予想していましたが、不動産業者に提示された査定価格は10万円。
管理費・修繕費用の積立金が月々5万円かかることから手放したい一心で10万円で売り出したものの、全く売れる気配はなく大変お困りだという事例が掲載されています。

このように相続財産に売れない不動産(負動産)や相続したくない不動産などが含まれる場合のご相談は専門家在籍のABCアライアンスグループまで是非ご相談下さい。
ABCアライアンスグループではお客様のお話を丁寧にお伺いしまして、お客様にとって最適なプランをご提案させていただいております。


こちらより記事ページへアクセスしていただけます➡

※別サイトのウィンドウが開きます



幻冬舎の総合情報サイト「幻冬舎GOLD ONLINE」にて連載記事4回目が配信されました

幻冬舎の総合情報サイト「幻冬舎GOLD ONLINE」にて、ABCアライアンスグループ代表の椎葉基史著の書籍
『身内が亡くなってからでは遅い「相続放棄」が分かる本』
から一部を抜粋しました連載記事

「資産ではなく負債…借金より深刻な「負動産」相続の実態」

が配信されています。
第4回目(2019年9月1日配信)は、

『撤去費用は1000万円以上!? 相続した土地に「ゴミの山」の惨状』

6年前に亡くなったお父様の相続をしたことでいつの間にか御祖母様の所有していた不動産を相続していたことが行政からの通知で発覚した再転相続の事例や、
市役所からの通知で、亡くなった母親が所有していた土地に大量の廃棄物の不法投棄が行われていることが判明したが、名義変更という形で相続が実行されているため相続放棄が認められる可能性が低く大変お困りだという事例が掲載されています。

このように相続財産に売れない不動産(負動産)や相続したくない不動産などが含まれる場合のご相談は専門家在籍のABCアライアンスグループまで是非ご相談下さい。
ABCアライアンスグループではお客様のお話を丁寧にお伺いしまして、お客様にとって最適なプランをご提案させていただいております。


こちらより記事ページへアクセスしていただけます➡

※別サイトのウィンドウが開きます



弁護士法人H&パートナーズ様のニュースレターに記事が掲載されました

ABCアライアンスグル―プ代表椎葉基史が、弁護士法人H&パートナーズ様のニュースレター『My will』vol.2の「専門家SALON」のコーナーにて記事が掲載されています。
この中で、「相続財産に不動産が含まれる場合「空き家」となり放置された場合、倒壊等のトラブルが生じた場合には賠償トラブルに発展することもある。』としています。
また、次の引き継ぎ手が現れるまでは不動産の管理義務は依然と残るという趣旨の規定が民法上あり、相続不動産については相続放棄ができただけは完全な解決とは言えない、とも述べています。



※下記画像をクリックすると詳細が開きます

負動産

1 / 712345...最後 »

ABCグループ

  • 司法書士法人ABC
  • 行政書士事務所ABC
  • 株式会社アスクエスト