大阪の司法書士・行政書士による専門家集団

ニュース

幻冬舎の総合情報サイト「幻冬舎GOLD ONLINE」にて連載記事7回目が配信されました

幻冬舎の総合情報サイト「幻冬舎GOLD ONLINE」にて、当グループ代表の椎葉基史著の書籍
『身内が亡くなってからでは遅い「相続放棄」が分かる本』
から一部を抜粋しました連載記事
「身内の負の遺産をどうする?事例で学ぶ「負債相続」対策」
が配信されています。


第7回目(2019年5月24日配信)は、
『亡き父の借金500万、保険金1000万円…相続放棄すべきか?』
被相続人様が契約していた生命保険契約の死亡保険金について、相続放棄をしても受け取ることができるのかというご質問はよくいただきます。
どのように契約をしているかにもよりますが、受取人が相続人様に指定されていれば相続放棄をしていても受け取ることができます。
入院給付金等その他保険なども契約内容によりますので、不安事がございましたら専門家へ相談することをおすすめいたします。


こちらより記事ページへアクセスしていただけます➡

※別サイトのウィンドウが開きます



幻冬舎の総合情報サイト「幻冬舎GOLD ONLINE」にて連載記事6回目が配信されました

幻冬舎の総合情報サイト「幻冬舎GOLD ONLINE」にて、当グループ代表の椎葉基史著の書籍
『身内が亡くなってからでは遅い「相続放棄」が分かる本』
から一部を抜粋しました連載記事
「身内の負の遺産をどうする?事例で学ぶ「負債相続」対策」
が配信されています。


第6回目(2019年5月17 日配信)は、
『叔父が自己破産…「亡き父が連帯保証人」で300万円の請求が?』
相続する財産は、借金はもちろんですが、被相続人様の連帯保証債務も相続の対象になります。
相続財産に連帯保証債務があるという事は非常にわかりにくく、相続手続き終了した数年後に突然債権者から通知が届き、連帯保証債務が発覚することがあります。
相続手続きをする際、少しでもご不安事がございましたら専門家へ相談することをおすすめいたします。


こちらより記事ページへアクセスしていただけます➡

※別サイトのウィンドウが開きます



NHK「あさイチ」相続特集番組に、代表:椎葉がVTR出演させていただきました


5月13日放送のNHK朝の情報番組「あさイチ」の特集

「もしもの時に備える!“イマドキ相続”」

の中でグループ代表の司法書士:椎葉基史が専門家としてVTR出演させていただきました。
放送では、実際にご相談いただいたお客様に取材協力をしていただき、お亡くなりになったお父様の相続が発生してから相続放棄を決断するに至るまでの経緯を再現VTRにて取り上げていただきました。

(再現VTR内容)
亡き父の相続財産に想像を超える多額の借金があることが判明。
また、代々受け継がれてきた実家は交通が不便で買い手がつきそうにないため、今後を考えて相続をせずに相続放棄をすることを決断するに至りました。

ABCアライアンスグループでは様々な負債相続のご相談を受け付けております。
お客様のお話をしっかりとお聞きしまして、最適な相続手続きになりますようにサポートさせていただいております。
今後も相続トラブルで困窮する方が一人でも多く救われますように、活動していきたいと思っております。

幻冬舎の総合情報サイト「幻冬舎GOLD ONLINE」にて連載記事5回目が配信されました

幻冬舎の総合情報サイト「幻冬舎GOLD ONLINE」にて、当グループ代表の椎葉基史著の書籍
『身内が亡くなってからでは遅い「相続放棄」が分かる本』
から一部を抜粋しました連載記事
「身内の負の遺産をどうする?事例で学ぶ「負債相続」対策」
が配信されています。


第5回目(2019年5月10日配信)は、
「200万円の相続が1億円の借金に…見えない負債相続の落とし穴」
相続する財産に負債が多く相続放棄を検討する場合、負債だけでなくすべての財産を相続しないという事が条件になります。
少額であっても相続したとみなされる行為をしてしまいますと相続放棄の手続きをすることが出来なくなりますので注意しなくてはなりません。
また、相続をした後に被相続人様の連帯保証債務が発覚することもありますので、相続手続きは専門家へ依頼することをおすすめいたします


こちらより記事ページへアクセスしていただけます➡

※別サイトのウィンドウが開きます



NHK「あさイチ」 相続特集番組 VTR出演のお知らせ



当グループ代表:椎葉基史がNHK放送様より相続について取材を受け、5月13日の特集番組内で専門家としてVTR出演する予定です。

放 送 局 : NHK
番 組 名 : あさイチ
放送内容 : 特集「もしもの時に備える! “イマドキ相続”」
放送日時 : 2019年5月13日(月) AM 8:15 ~ AM 9:45

番組内では当グループの司法書士法人ABCへ多くお問い合わせいただいております「負債相続」や「相続放棄」についてお話しさせていただいております。

幻冬舎の総合情報サイト「幻冬舎GOLD ONLINE」にて連載記事4回目が配信されました

幻冬舎の総合情報サイト「幻冬舎GOLD ONLINE」にて、当グループ代表の椎葉基史著の書籍
『身内が亡くなってからでは遅い「相続放棄」が分かる本』
から一部を抜粋しました連載記事
「身内の負の遺産をどうする?事例で学ぶ「負債相続」対策」
が配信されています。


第4回目(2019年5月3日配信)は、
「父の死から1年後1800万円の債務が発覚…相続放棄はできる?」
相続する財産はプラスの財産だけでなくマイナスの財産も含まれます。 また、マイナスの財産には借金だけでなく連帯保証債務も含まれますが、相続時には発覚せず数年経過後に突然債権者から通知が来て知ることもよくあります。
ABCアライアンスグループでは、自宅不動産や親子・親族間の問題等も含め、相続人様がご納得いただける相続手続きのご提案をさせていただいております。


こちらより記事ページへアクセスしていただけます➡

※別サイトのウィンドウが開きます



幻冬舎の総合情報サイト「幻冬舎GOLD ONLINE」にて連載記事3回目が配信されました

幻冬舎の総合情報サイト「幻冬舎GOLD ONLINE」にて、当グループ代表の椎葉基史著の書籍
『身内が亡くなってからでは遅い「相続放棄」が分かる本』
から一部を抜粋しました連載記事
「身内の負の遺産をどうする?事例で学ぶ「負債相続」対策」
が配信されています。


第3回目(2019年4月26日配信)は、
「娘の死後に600万円の借金が発覚…「返済義務」は誰にある?」
相続財産に負債がある場合でも、ご遺族様の意向で相続放棄手続きをすることが解決策にならない場合もございます。
ABCアライアンスグループでは、自宅不動産や親子・親族間の問題等も含め、相続人様がご納得いただける相続手続きのご提案をさせていただいております。


こちらより記事ページへアクセスしていただけます➡

※別サイトのウィンドウが開きます



幻冬舎の総合情報サイト「幻冬舎GOLD ONLINE」にて連載記事2回目が配信されました

幻冬舎の総合情報サイト「幻冬舎GOLD ONLINE」にて、当グループ代表の椎葉基史著の書籍
『身内が亡くなってからでは遅い「相続放棄」が分かる本』
から一部を抜粋しました連載記事
「身内の負の遺産をどうする?事例で学ぶ「負債相続」対策」
が配信されています


第2回目(2019年4月19日配信)は、
「余命2年・借金2千万円の夫が、妻子に家と預貯金を遺した方法」
生前の相続放棄手続きはできませんが、相続財産に負債がある場合、前もってご相談いただくことでスムーズに相続手続きができる場合がございます。
ABCアライアンスグループでは、自宅不動産や親族間の問題等も含め、相続人様がご納得いただける相続手続きのご提案をさせていただいております。


こちらより記事ページへアクセスしていただけます➡

※別サイトのウィンドウが開きます



幻冬舎の総合情報サイト「幻冬舎GOLD ONLINE」にて連載記事がスタートしました

幻冬舎の総合情報サイト「幻冬舎GOLD ONLINE」にて、当グループ代表の椎葉基史著の書籍
『身内が亡くなってからでは遅い「相続放棄」が分かる本』
から一部を抜粋しました連載記事
「身内の負の遺産をどうする?事例で学ぶ「負債相続」対策」
がスタートしました。
「負債相続」の仕組みや解決方法、「相続放棄」の記事が配信される予定です。

第1回目(2019年4月12日配信)は、
「亡き夫に3000万円の借金…自宅を失わず相続放棄はできる?」
負債がある場合の相続手続きは、全ての相続人様が相続放棄をすれば解決できるというケースだけではありません。
ABCアライアンスグループでは、自宅不動産や親族間の問題等も含め、相続人様がご納得いただける相続手続きのご提案をさせていただいております。


こちらより記事ページへアクセスしていただけます➡

※別サイトのウィンドウが開きます



週刊エコノミスト(毎日新聞出版)様に記事が掲載されました

当グループの代表椎葉基史が週刊エコノミスト様より、資産価値を失った土地や家屋の「負動産」相続問題への取り組みについて取材を受け、4月2日号(3月25日発売)

「終活で頼れる税理士・司法書士・社労士」

のコーナーにて記事が掲載されました。
不動産は、相続放棄手続きが認めれられた後も管理義務が残ります。
ABCアライアンスグループでは相続財産管理制度に基づく手続きを選択肢としてお伝えしておりますが、費用と時間がかり、ハードルが高い手続きとなります。
今後も増えていくと予想されている要らない不動産(負動産)につきまして、他業種と連携し、なおかつ「負債相続を専門に取り扱う専門医」である司法書士・司法書士事務所として、一つでも多くの問題を解決するために尽力してまいります。

FNN

ABCグループ

  • 司法書士法人ABC
  • 行政書士事務所ABC
  • 株式会社アスクエスト