任意整理中でもカーローンに通った例とは?どうしても車が必要な人の対処法

「任意整理中だとマイカーを買うのは無理だよね…」
「カーローンの審査なんて通るわけがないし…」

このように、借金問題を抱えている方は、新しい車の購入をあきらめてしまいがちです。

でも、任意整理中でも希望を捨てる必要はありません。
状況に合わせた方法を選べば、カーローンに通過できるチャンスはあるのです。

任意整理中の借金返済は困難な状況であり、カーローンの審査に通ることは難しいと思われがちです。

しかし、実際には任意整理中でもカーローンに通過した人々の成功例が存在します。

今こそ、一歩踏み出す勇気が必要な時。
借金問題に立ち向かい、新たなスタートを切るために、あなたにできることがあります。

この記事では、任意整理中でマイカーローンを検討中の方に向けて、

  • 任意整理中でもカーローンが通る理由
  • 審査通過のために押さえるべき重要なポイント
  • 状況に合わせたカーローン利用の選択肢

上記について、多くの任意整理案件に携わってきた司法書士の立場から解説します。

借金問題に悩む方の気持ちに寄り添いながら、着実に解決への道を示していく。
それが筆者のモットーです。

この記事では、どうしても車が必要な人が任意整理中でもカーローンに通るための対処法について探っていきます。
ぜひこの記事を参考に、あなたに合った方法を見つけてください。
新しいマイカーで、人生の再スタートを切る日が訪れることを心から願っています。

任意整理のデメリットについては、以下の記事でも詳しく解説しています▼

任意整理とは? 任意整理とは?4個のデメリットと12個のメリットをわかりやすく解説

任意整理中でもカーローンは通る可能性がある

任意整理中だからといって、新規のカーローンが必ず通らないわけではありません。
個人の信用情報や返済状況、収入などを総合的に判断した結果、審査に通過するケースもあるのです。

では、任意整理中の人がカーローンの審査に通るためには、どのような点に注意すべきでしょうか。
ここでは、カーローンの審査基準や、任意整理が信用情報に与える影響について詳しく見ていきましょう。

カーローンの審査は個人の信用情報を重視する

カーローンの審査では、申込者の信用情報が重要な判断材料となります。
信用情報とは、個人の借入履歴や返済状況などが記録されたデータベースのことです。
金融機関は信用情報機関に照会することで、申込者の信用力を評価するのです。

「信用情報が悪いとカーローンは絶対に通らない」と思っている方もいるかもしれません。
確かに、多重債務や延滞などのネガティブな履歴があると、審査のハードルは高くなります。
しかし、現在の返済状況や収入なども含めて総合的に判断されるため、必ずしも信用情報だけで結果が決まるわけではないのです。

実際、金融庁の資料によると、信用情報の内容を補完する形で、以下のような審査基準が設けられています。(出典: 金融庁

  • 申込者の勤務先の業績や安定性
  • 申込者の勤続年数や役職
  • 世帯全体の年収や支出のバランス
  • 申込者の返済に対する姿勢や意欲

つまり、信用情報が多少悪くても、安定した収入があり、真摯に返済に取り組む姿勢を見せれば、カーローンの審査に通る可能性はあると言えるでしょう。
個人の信用力を多角的に評価することで、一人ひとりに適した審査が行われているのです。

任意整理中は信用情報に事故情報が登録される

任意整理は、弁護士などの専門家に依頼して、借金の減額や返済期間の延長を債権者と交渉する制度です。
多重債務に陥って返済に行き詰まった人にとって、債務を整理する有効な手段と言えます。
でも、任意整理を行うと、信用情報に一定期間、事故情報が登録されてしまうのです。

具体的には、任意整理の手続きを開始すると、信用情報機関に以下のような事故情報が登録されます。(出典: 経済産業省

  • 「債務整理」:借金の減額や免除を受けたことを示す情報
  • 「延滞」:返済が遅れたり、途絶えたりしたことを示す情報

一般に、事故情報は5年から7年程度、信用情報に残るとされています。
この間は「ブラックリスト入り」とも呼ばれ、新規のローンを組むことが難しくなります。
「ここまで必死に返済してきたのに、それでもカーローンは無理なのか…」と落胆してしまう方もいるかもしれません。

しかし、「任意整理中はカーローンの審査が通らない」と決めつけるのは早計です。
任意整理の内容や経緯、現在の返済状況などを丁寧に説明することで、金融機関の理解を得られる可能性もあるでしょう。
事故情報があるからといって、決してあきらめる必要はないのです。

任意整理が完了すれば事故情報は削除される

任意整理によって信用情報に登録された事故情報は、一定期間経過後に削除されることになっています。
つまり、任意整理を無事に完了させれば、信用情報のマイナス評価から解放されるのです。

例えば、個人信用情報機関大手のCRIN(クレジット・リスク・インフォメーション・ネットワーク)では、以下のルールで事故情報を削除しています。(出典: CRIN

  • 債務整理の情報は、債務の返済が完了してから5年後に削除
  • 延滞の情報は、延滞が解消してから5年後に削除

ただし、これはあくまでCRINの規定であり、他の信用情報機関では削除のルールが異なる場合もあります。

いずれにしても、任意整理を完了し、その後も着実に返済を続ければ、信用情報から事故情報が消えるのは確実です。
その時こそ、ようやく借金の負担から解放され、新たなスタートを切ることができるでしょう。

「自分はもうダメかもしれない…」と自信を失っている方もいるかもしれません。
でも、たとえ今は信用情報が傷ついていても、必ず再生のチャンスはやってくるはずです。
事故情報の削除を念頭に置きつつ、コツコツと返済に取り組むことが何より大切だと言えます。

信用情報から事故情報が消えれば、改めてカーローンの審査に挑戦してみるのも一案でしょう。
自分の頑張りが報われる日を信じて、これからも前を向いて歩んでいきたいものです。

任意整理中でもカーローンに通った例

任意整理中でもカーローンを組むことは難しいと一般的には言われます。しかし、全てが絶望的なわけではありません。

以下では、任意整理中にカーローン審査に通った例やそれぞれのローンの特徴について詳しく解説します。

自社ローンなら可能性がある

自社ローンとは、特定の自動車メーカーや販売店が提供するローンのことを指します。これらのローンは金融機関が提供するものとは異なり、審査基準や条件が柔軟であることが特徴です。

例えば、任意整理中であっても安定した収入があることを証明できれば、自社ローンの審査に通る可能性があります。

また、信頼できる保証人を立てることができれば、さらに審査に通りやすくなるでしょう。

ただし、自社ローンの金利は銀行ローンに比べて高めに設定されていることが多いため、その点は注意が必要です。

銀行系カーローンは非常に厳しい

一方で、銀行系のカーローンは審査が非常に厳しいと言われています。これは、銀行が提供するローンは金融商品であり、返済能力や信用情報が詳しく審査されるためです。

任意整理中の人が銀行系カーローンの審査に通るのは難しいでしょう。

特に、任意整理が完了していない場合や信用情報に未だに記録が残っている場合は、銀行系カーローンの申し込みは避けた方が無難です。

任意整理の記録は一定期間信用情報機関に保存され、その期間は最低でも5年間とされています。

ディーラーローンも可能性は低い

ディーラーローンも、銀行系カーローンと同様に審査が厳しく、任意整理中の人が利用するのは困難と言われています。

ディーラーローンは自動車販売店が提供するローンで、銀行と同じように信用情報をチェックします。

ただし、一部のディーラーでは自社ローンを提供しており、その審査基準は銀行や一般的なディーラーローンよりも柔軟な場合があります。

そのため、自社ローンを利用する場合と同様に、安定した収入があることや信頼できる保証人を立てることができれば、ディーラーローンの審査に通る可能性もゼロではありません。

しかし、通常のディーラーローンの利息率は銀行ローンよりも高い傾向にあり、また審査基準が厳しいため、任意整理中の人がローンを組む際には、よく考えてから申し込みをすることが大切です。

MEMO

この章のまとめ

自社ローンならば可能性があるものの、銀行系カーローンや一般的なディーラーローンは厳しい状況です。しかし、それぞれの審査基準や条件は変わる可能性がありますので、最新の情報をチェックし、自身の状況と照らし合わせて最適な選択をすることが重要です。

任意整理中にカーローンが通った人の体験談

任意整理中にカーローンが通った人の体験談を紹介します。

「任意整理中にカーローンを組みたいと思って、自動車リースを申し込んだら、審査に通りました。リース会社は信用情報を見ないと言っていたので、任意整理中でも大丈夫だったみたいです。ただ、月々の支払いが高めでしたが、車が必要だったので助かりました」

「任意整理中にカーローンを組むのは難しいと聞いていましたが、友人の紹介で知り合った中古車屋さんに相談したら、審査に通してくれました。中古車屋さんは自社でローンを組んでくれるところでした。ただし、保証人や担保が必要でした」

決して高い可能性ではありませんが、上記のよう任意整理中でもカーローンの審査が通った人がいます。

ただし、保証人や担保が必要であったり金利が高く設定されたりするケースがあるので注意して下さい。

任意整理中にカーローンを組むのが難しい理由

任意整理は借金問題の解決手段の一つですが、その間や完了後に新たなローンを組むことは難しくなります。特にカーローンは大きな金額が動くため、金融機関は厳しい審査を行います。

今回は、任意整理中にカーローンを組むのが難しい理由について詳しく説明します。

信用情報機関に事故情報が登録されるから

任意整理を行うと、その情報は信用情報機関に登録されます。信用情報機関は、個人の信用情報を収集・管理し、その情報を金融機関などに提供する組織です。

任意整理が行われた場合、それは「事故情報」として登録され、一定期間記録されます。

この情報は金融機関が新たなローンの審査を行う際に重要な参考となります。

事故情報が存在すると、借り手が返済能力を持っているかどうか、また将来的に返済を滞らせる可能性があるかどうかの判断材料となります。

したがって、任意整理が行われ、それが信用情報機関に登録されると、新たなローンを組むことは難しくなります。

任意整理後も5年間は信用情報が消えない

任意整理が完了し、全ての借金が整理されたとしても、その情報はすぐには信用情報機関から消えません。一般的に、任意整理の情報は完了後も5年間は記録され続けます。

これは、「ブラックリスト」とも呼ばれ、この期間中は大抵の金融機関から新たなローンを借りることは非常に難しくなります。

特にカーローンのように大きな金額を借りる場合、金融機関はより厳しい審査を行います。任意整理後5年間は新たなローンを組むことが難しいと考えておくことが重要です。

任意整理中のカーローン審査に通る3つのポイント

任意整理中でも、カーローンの審査に通過することは可能です。
ただし、そのためにはいくつかの重要なポイントを押さえておく必要があります。

借金問題を抱えた方は「もうカーローンなんて通るはずがない…」と諦めてしまいがちですが、正しい方法を知って着実に行動すれば、審査通過のチャンスは十分にあるのです。

以下では、任意整理中の方がカーローン審査に通るための3つの具体的なポイントを詳しく解説していきます。

返済を着実に続け、信用回復に努める

任意整理中の方がカーローン審査に通るためには、何よりも借金返済を確実に行い、信用情報の改善に努めることが重要です。

「任意整理中だから新規のローンなんて無理だろう…」と思われるかもしれません。
しかし実際には、任意整理の手続き中であっても、返済を着実に続けていれば、一定期間経過後は新規のローンが利用できる可能性があるのです。

例えば、任意整理を開始してから3年ほど経過したAさんは、コツコツと返済を重ね、金融機関からの信頼を取り戻すことができました。
その結果、新車購入の夢をようやく実現することができたのです。
Aさんは「ここまで頑張ってきた甲斐があった」と喜びを語っています。

確かに、任意整理中は個人信用情報機関に事故情報が登録されてしまうため、審査のハードルは高くなります。
しかし、その事故情報も「任意整理を完了し、その後も返済を続ければ削除される」というルールがあるのです。(出典:金融庁

つまり、「借金を減らすために任意整理を選んだこと」自体は悪いことではなく、「その後の返済態度」こそが肝心だということです。
たとえ時間がかかっても、誠実に返済を続ける姿勢を見せれば、必ず金融機関から信頼を回復できるはずです。

もちろん、ローン審査では返済状況以外の要素も判断材料となります。
年収や勤続年数、他の借入状況なども重要なポイントです。

しかし、そうした条件が同じなら、着実に返済を重ねてきた人の方が審査では有利になります。
地道な努力を続けることが、任意整理後の信用回復の近道なのです。

安定した収入と返済能力をアピールする

カーローンの審査で重視されるのは、借り手の「返済能力」です。
特に任意整理後の場合、いかに安定した収入を得ているか、今後きちんと返済できる見通しがあるかが問われます。

「任意整理をしたことがわかったら、ローンを組むのは難しそう…」と不安を感じる人も多いでしょう。
でも、借り手の返済能力への評価は、懸命に働いてがんばる姿勢次第で変わってくるものなのです。

ローンの審査では、返済能力が重要な判断基準となります。そのため、安定した収入を証明することができれば、審査に通る確率は上がります。

収入証明書や雇用証明書など、収入を明確に示すことができる資料を準備しましょう。

例えば、Bさんは任意整理をしながら、安定した企業に転職することができました。
年収は450万円に増え、会社からの信頼も厚い状況です。

Bさんはカーローンの審査で、給与明細や勤務先の証明書を提出し、「これからも確実に収入を得られる見通し」を示しました。
また、家計簿をつけて余分な出費を減らし、毎月の返済原資をしっかり確保していることもアピール。
こうした真摯な姿勢が評価され、見事審査に通過することができたのです。

大切なのは、金融機関に「あなたが安定した収入を得て、借金を計画的に返済していく意思と能力がある」と理解してもらうこと。
そのために、次のような努力を重ねましょう。

  • 安定した仕事に就く
    正社員雇用や公務員など、安定性の高い仕事に就くことで、将来にわたって一定の収入が見込めることを示せます。
  • 副収入を得る
    本業以外に副業で収入を得ることで、返済原資を増やすことができます。ただし、副業規定は会社によって異なるので注意しましょう。
  • 支出を減らす
    むやみな買い物を控えたり、節約を心がけたりして、返済に回せるお金を増やすことが大切です。

このように、地道な努力を重ねることで、金融機関の信頼を勝ち取っていくことができるのです。
「任意整理をしたから…」とあきらめるのではなく、前を向いて一歩ずつがんばることが何より大切なのです。

審査通過の実績がある信頼できる自社ローンを選ぶ

任意整理中でカーローンの利用を検討する際は、審査基準や商品内容をよく吟味し、信頼できる自社ローンを選ぶことが重要です。

「どこの会社も同じだろう」と安易に選んでしまうと、かえって不利な条件で契約してしまうおそれがあります。
審査通過のチャンスを高めるためにも、ローン会社選びには十分な注意が必要なのです。

特に、任意整理中の方の審査に理解のある会社を探すことが肝心です。
中には、過去の借入履歴をあまり問題視せず、返済計画の妥当性を重視してくれる会社もあります。

実際、任意整理中のCさんは、ネットで複数の自社ローンを比較検討し、審査通過の実績が豊富な会社を見つけました。
事前に審査基準を確認したところ、「任意整理から5年以内でも、安定収入があれば審査可能」とのこと。

Cさんは、自分の状況を丁寧に説明し、ていねいに返済計画を立てて臨んだ結果、無事審査にパスすることができました。
「ローン会社選びが良かったおかげだ」とCさんは喜んでいます。

審査に通るかどうかは、各社の融資姿勢によっても大きく左右されます。
ですから、ローン申し込み前に以下の点をしっかりチェックしておくことが大切です。

  • 任意整理の経験がある人の審査実績を確認する
    任意整理をした方の審査事例が豊富だと、通過のハードルが比較的低い可能性があります。口コミサイトなどで実績を探ってみるのも良いでしょう。
  • 柔軟な審査基準を設けている会社を選ぶ
    画一的な審査ではなく、個人の事情に合わせて柔軟に対応してくれる会社があります。返済計画の妥当性を丁寧に説明できれば、審査の壁は乗り越えられるかもしれません。
  • 優遇金利の適用条件を確認する
    任意整理後に低金利でローンを組めれば、毎月の返済負担を減らせます。一定の条件を満たせば金利引き下げに応じてくれる会社もあるので、ぜひチェックしてみましょう。

返済中の任意整理が完了すれば、選択肢はさらに広がります。
ただ、その場合でも「手続き完了からの経過期間」など、審査基準に違いがあることは覚えておきましょう。

信頼できるローン会社を見つけることができれば、任意整理のマイナスを補って、審査通過への道が大きく開けるはずです。
諦めずに良い会社を探し続けることが、カーローンを実現するための第一歩となるのです。

任意整理中でもカーローンを利用する方法

任意整理中でも、希望を失わずにマイカー購入の道を探ることは可能です。状況に合わせた柔軟な発想と行動力で、きっと前に進めるはずです。

ただし、任意整理中は信用情報に傷がついているため、通常のカーローン審査に通過するのは難しいかもしれません。だからこそ、別の選択肢を検討することが重要なのです。

以下では、任意整理中でもカーローンを利用する3つの具体的な方法について解説します。あなたの状況に合った方法を見つけて、夢の実現に一歩近づきましょう。

中古車のオートローンを検討する

任意整理中でも、中古車のオートローンなら審査に通る可能性があります。
なぜなら、中古車の場合は新車に比べて購入価格が低く抑えられるため、ローン審査の基準が緩くなる傾向にあるからです。

「任意整理中だから新車は無理かもしれない…」と諦めるのはまだ早いですよ。
まずは中古車という選択肢を検討してみる価値は十分にあります。
大手の中古車販売店であれば、信頼できるオートローンの商品を扱っていることが多いので、一度相談してみるのがおすすめです。

ただし、中古車オートローンの審査に通るためには、いくつか気を付けるべきポイントがあります。

  • 返済能力を正確に伝える
    ローンの審査では、あなたの返済能力が重視されます。
    収入や支出の見込みを具体的に示し、ローンの返済が可能であることをアピールしましょう。
  • 頭金を多めに用意する
    頭金を多めに用意することで、ローンの借入額を減らすことができます。
    借入額が少ない方が、審査に通りやすくなる傾向があるのです。
  • 審査通過率の高い販売店を選ぶ
    販売店によって、提携しているローン会社の審査基準は異なります。
    審査通過率の高い販売店を選ぶことで、オートローンを組める可能性がグッと高まるでしょう。

このように、中古車のオートローンなら柔軟に対応できる部分が多いのです。
任意整理中でも諦めずに、中古車という選択肢を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

家族名義でローンを組む

任意整理中は本人名義でのローン審査が通りにくいですが、信用情報に傷のない家族の名義であれば、審査に通過できる可能性があります。
配偶者や親など、経済的に援助してくれる身内がいる場合は、家族名義でカーローンを組むことを検討してみる価値があるでしょう。

共同名義人や保証人がしっかりとした返済能力を持っている場合、金融機関はより安心してローンを組むことができます。

ただし、安易に頼るのは避けた方が賢明です。
家族にローンを組んでもらうということは、その債務を家族が負うことを意味します。
「返済を滞納したら、家族にも迷惑がかかってしまう」という責任の重さをしっかりと自覚することが大切なのです。

家族名義でローンを組む場合のポイントは以下の通りです。

  • 返済計画をしっかり立てる
    家族に負担をかけないためにも、返済計画は入念に練る必要があります。
    無理のない返済額を設定し、計画的に返済を進められるよう、しっかり話し合いましょう。
  • 返済用の口座を別に作る
    家族名義のローンでも、返済は自分で行うことになります。
    返済用の口座を別に作り、給与やボーナスからこまめに資金を移すことで、着実に返済を続けられるでしょう。
  • 感謝の気持ちを忘れない
    家族に経済的な面で助けてもらうのは、本当に心苦しいことかもしれません。
    だからこそ、日頃から感謝の気持ちを伝え続けることが大切です。
    借りた恩を忘れず、誠実に返済を続ける姿勢を見せましょう。

このように、家族の理解と協力があれば、任意整理中でも新しいカーライフを始められる可能性はあるのです。
ただし、それには家族への感謝と、責任感を持って返済を続ける覚悟が必要不可欠だと言えるでしょう。

完済までリースで乗り継ぐ

任意整理の完済までは、ローンを組まずにリースで車に乗り継ぐという選択肢もあります。
リースなら頭金や審査はほとんど必要なく、任意整理中でも利用しやすいサービスだと言えます。

リースのメリットは、以下の通りです。

  • 審査がシンプル
    リースは「買う」のではなく「借りる」という形式なので、ローンほど厳しい審査はありません。
    任意整理中でも、比較的簡単に利用開始できるケースが多いのです。
  • 頭金不要
    リースの場合、頭金がほとんど必要ありません。
    頭金の準備が難しい任意整理中の方でも、手軽に新しい車に乗れるのは大きな魅力と言えるでしょう。
  • 手続きがカンタン
    リースは手続きもシンプルで、書類の準備などで時間をとられることはほとんどありません。
    契約してすぐに車に乗れるので、スピーディーに新しいカーライフをスタートできます。

ただし、リースにはデメリットもあります。
例えば、車検や修理など、維持費は自己負担になることが多いのです。
また、リース期間が終わると車は返却しなければならず、別の車を選ぶ必要もあります。

任意整理が完済するまでの数年間だけリースで乗り継ぎ、完済後に自分名義でマイカーを購入する。
そんな計画的な乗り方もおすすめですよ。

以下の手順を参考に、リースを有効活用してみてはいかがでしょうか。

  1. 任意整理中でも利用できるリースを探す。
  2. 契約内容をよく確認し、無理のない支払いプランを選ぶ。
  3. 審査とわずかな手続きを済ませ、車に乗り始める。
  4. リース期間の終了に合わせて、次の車を探す。
  5. 任意整理完済後は、自分名義でのマイカー購入を目指す。

リースを賢く利用すれば、任意整理中の数年間を無理なく乗り切ることができるはずです。
前向きな気持ちを持って、リースという選択肢を検討してみると良いでしょう。

借入額を少なくする

借入額が少なければ少ないほど、返済負担は軽くなります。そのため、借入額を可能な限り少なくすることで、審査に通りやすくなる可能性があります。

具体的には、より安価な車を選んだり、頭金を多く用意したりすることで、借入額を抑えることができます。

任意整理中にどうしても車が必要な人の対処法

任意整理中には金融機関からの新規借入が難しくなるため、新たに車を手に入れるのは一筋縄ではいきません。

しかし、車が必要な生活環境である場合には、どうにかして対処しなければなりません。以下に、任意整理中に車が必要な人の対処法をいくつかご紹介します。

自社ローンを利用する

一部の自動車メーカーや販売店では、自社ローンと呼ばれる金融サービスを提供しています。

自社ローンの審査基準は金融機関よりも緩やかであることが多く、任意整理中でも審査に通る可能性があります。

ただし、金利が高めに設定されていることが多いため、返済計画には十分注意が必要です。

カーリースを活用する

カーリースは、車を所有する代わりに使用する権利を一定期間借りるという契約です。リース料金は月々の固定費となりますが、初期費用や維持費が抑えられるメリットがあります。

任意整理中でもリース契約は可能な場合が多いため、車が必要な方には有効な選択肢です。

カーシェアリングを活用する

カーシェアリングは、必要なときだけ車を借りることができるサービスです。所有することなく車を利用できるため、任意整理中でも利用が可能です。

また、自分が車を使う頻度や時間によっては、所有するよりも経済的になることもあります。

中古車を一括購入する

節約が求められる任意整理中では、中古車の一括購入も一つの選択肢です。ローンを組むことなく、一度に全額を支払うことで車を手に入れることができます。

注意点として、購入後の維持費や保険料などの経済的な負担を計画的に管理できるようにする必要があります。

家族や友人から借りる

もし、身近な家族や友人に余裕のある車がある場合、それを借りるという選択肢もあります。

ただし、この方法を選ぶ際には、事故や故障時の対応、使用料など、きちんとしたルールを設けてから借りることが大切です。

【体験談】任意整理に成功した人の口コミ

2024年7月、任意整理に成功した人の最新の口コミ・体験談を集めました。これから債務整理をしようか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

28歳 男性 エンジニア

結婚式や新居の購入などで多重債務に陥りました。債務整理をすることで、借金の利息がストップし、返済期間も短くなりました。任意整理後は、家計簿をつけて収支を把握し、節約生活を送っています。

45歳 男性 タクシードライバー

オンラインギャンブルにはまり、借金が膨れ上がりました。債務整理をすることで、借金の利息がカットされ、過払い金も返還されました。任意整理後は、ギャンブルをやめて趣味に打ち込んでいます。

52歳 男性 飲食業

クレジットカードの支払いが滞り、利息が高くなりました。司法書士に相談して、借金の利息をカットし、月々の返済額を減らすことができました。任意整理後は、生活費や貯金に余裕ができました。

26歳 女性 フリーター

消費者金融からの借金が複数ありました。弁護士に相談して、借金の総額を減らすことができました。しかし、任意整理後は、クレジットカードが使えなくなり、生活に不便を感じました。

30歳 女性 事務職

結婚式や新居のために借金をしました。しかし、夫婦仲が悪化し、離婚しました。債務整理の専門家に相談して、借金の一部を元夫に負担させることができました。任意整理後は、自分の収入に合わせた返済計画で安心しました。

44歳 男性 営業職

カードローンや消費者金融からの借金が多く、毎月の返済に苦しんでいました。司法書士に相談して、借金の利息をカットし、返済期間を延ばすことができました。任意整理後は、月々の返済額が半分以下になり、生活にゆとりができました。

28歳 女性 OL

結婚後に夫の借金を知りました。夫婦で弁護士に相談して、借金の総額を減らすことができました。任意整理後は、夫婦で協力して返済に励みました。任意整理で借金問題が解決したことで、夫婦仲も良くなりました。

無料相談OK!任意整理におすすめの弁護士・司法書士事務所【2024年7月更新】

2024年7月現在、任意整理でおすすめの弁護士事務所と司法書士事務所をご紹介します。

①サンク総合法律事務所

安心ポイント
  • 相談後、借金の督促が迅速に止まる
  • 毎月600件以上の実績がある
  • 24時間対応で全国から無料相談OK
\全国対応!24時間受付/

 

サンク総合法律事務所は、債務整理をはじめとした法律問題に特化。豊富な経験と高い専門性を兼ね備えた弁護士が女性を含めて8人以上在籍しています。

弁護士たちは、債務整理や過払い金をはじめとした民事法務に精通しており、任意整理・個人再生・自己破産・特定調停など個人に関する案件全般に対応しています。

相談料は無料で分割払いのサポートもあり。費用面でも安心して相談することができます。

また、密にコミュニケーションをとり、個別の状況に合わせた適切なアドバイスを提供。24時間対応の相談窓口が設置されており、昼間は忙しい人でも相談が可能です。

対応地域 全国どこでもOK
相談料 無料
費用
(任意整理)
  • 着手金:55,000円~/件
  • 報酬金:11,000円~/件
  • 減額報酬:減額分の11%
受付時間 年中無休(24時間)
※WEB
対応業務 任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求
所在地 東京都中央区八丁堀4-2-2 UUR京橋イーストビル2階
\全国対応!24時間受付/
\3つの質問(無料・匿名)/

②弁護士法人東京ロータス法律事務所

安心ポイント
  • 一度ではなく何度相談しても無料
  • 受任実績7,000件の圧倒的な実績
  • 土日でも問い合わせOK
\全国対応!24時間受付/

 

弁護士法人ロータス法律事務所は、任意整理や過払い金請求に特化した法律事務所で、費用が安いのも特徴的です。

相談は何度でも無料で、全国から受付OK。これまでの受任実績は7,000件を超えており実績も十分です。

近くに相談できる弁護士がいない人は利用してみるといいでしょう。家族や職場に内緒で解決に導いてくれます。

問い合わせは土日でも可能なので、平日に時間を取れない人でも安心です。WEBサイトの無料フォームから匿名で相談できますよ。

対応地域 全国どこでもOK
相談料 無料
費用
(任意整理)
  • 着手金:22,000円/件
  • 報酬金:22,000円/件
  • 減額報酬:減額分の11%
受付時間 年中無休(24時間)
※WEB
対応業務 任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求
所在地 東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
\全国対応!24時間受付/

③弁護士法人ひばり法律事務所

安心ポイント
  • 女性専用の窓口がある
  • 債務整理に関する実績は2,000件以上
  • 全国から0円で相談できる
\全国対応!24時間受付/

 

弁護士法人ひばり法律事務所(旧名:名村法律事務所)は、債務整理や過払い金請求を強みとした法律事務所です。

過払い金請求について着手金が不要で、必要な経費は5千円ほど。基本的に成功報酬のみとなっており、良心的な価格設定です。

債務整理の法律相談は何度でも無料。女性専用の窓口を設けているため、男性と話すのが怖い人でも安心感があります。

25年の実績があり、相談件数は2,000件以上。東大法学部卒の優秀な弁護士に日本全国から0円で相談可能です。

相談時は匿名でも構いません。WEBから必要事項を記入して、無料相談しましょう。

対応地域 全国どこでもOK
相談料 無料
費用
(任意整理)
  • 着手金:22,000円/件
  • 報酬金:22,000円/件
  • 減額報酬:減額分の11%
受付時間 年中無休(24時間)
※WEB
対応業務 任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求
所在地 東京都墨田区江東橋4丁目22番4号6階
\全国対応!24時間受付/

④弁護士法人・響

安心ポイント
  • 多数のメディアで監修実績あり
  • 丁寧なカウンセリングに定評あり
  • 無料診断で借金がどれくらい減るか分かる
\3つの質問だけ(無料・匿名)/

 

弁護士法人・響は、多彩な専門性を持つ弁護士が揃い、債務整理や過払い金に関する包括的な解決策を提供する法律事務所です。

全国6ヶ所に拠点を有し、30名上の弁護士が所属するほか、税理士法人・行政書士法人・社会保険労務士法人・調査会社(探偵)とグループを組んで活動をしています。

テレビ・ドラマの法律監修など、メディアでも活躍。真摯に向き合う姿勢に定評があり、丁寧なカウンセリングで最適な解決策を提供してくれます。

相談料は無料で、24時間いつでも(年中無休)相談可能です。匿名で分かる減額診断では、1分でどれくらいの借金が減るか調べられます。

対応地域 全国どこでもOK
相談料 無料
費用
(任意整理)
  • 着手金:55,000円~/件
  • 報酬金:11,000円~/件
  • 減額報酬:減額分の11%
受付時間 年中無休(24時間)
※WEB
対応業務 任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求
所在地
  • 西新宿オフィス:京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階
  • 虎ノ門オフィス:東京都港区虎ノ門3-19-13 スピリットビル4階
  • 立川オフィス:東京都立川市曙町2-16-6 テクノビル4階
  • 大阪オフィス:大阪府大阪市中央区淡路町2-4-3 ISOビル6階
  • 福岡オフィス:福岡県福岡市中央区舞鶴3-1-10 オフィスニューガイア セレス赤坂門NO.19 11階
  • 那覇オフィス:沖縄県那覇市久茂地2-22-10 那覇第一生命ビルディング3階
\3つの質問だけ(無料・匿名)/

⑤司法書士法人はたの法務事務所

安心ポイント
  • 20万件以上の相談実績あり
  • 満足度が95.2%を超える
  • 着手金0円で過払い調査も無料
\全国対応!24時間受付/

 

司法書士法人はたの法務事務所は、開業40年を迎える大手司法書士事務所です。債務整理に強みを持っており20万件以上もの相談実績があります。

着手金はかからず、過払い調査は0円。また、成功報酬の支払いは分割払いでもOKです。

債務者の負担を限りなく減らしており、優しさが伝わります。司法書士歴は27年以上で満足度は95.2%超え、実績も十分です。

借金の催促を今すぐ止めたい人、リボ払いや後払い決済などでお困りの人は、はたの法務事務所に相談するといいでしょう。

対応地域 全国どこでもOK
相談料 無料
費用
(任意整理)
  • 着手金:0円
  • 報酬金:22,000円/件
  • 減額報酬:減額分の11%
受付時間 年中無休(24時間)
※WEB
対応業務 任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求
所在地
  • 東京本店:東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階
  • 大阪支店:大阪府大阪市淀川区西中島4-11-21 新大阪コパービル303
\全国対応!24時間受付/

⑥アヴァンス法務事務所

安心ポイント
  • 初回相談料は無料
  • 3つの質問で分かる減額診断がある
  • 15年を超える豊富な実績
\3つの質問だけ(無料・匿名)/

 

アヴァンス法務事務所は、多くの実績と経験を持つ弁護士が所属する法律事務所です。

債務整理の問題を完済するまでサポート。迅速な解決策を提供するだけでなく、相談に対して丁寧に分かりやすく対応してくれるため信頼を得ています。

2007年6月の開業以来、15年を超える実績あり。女性専用ダイヤルを設けたり、進捗状況をWEBで管理できる仕組みにしているなど、きめ細かい対応が特徴的です。

コストパフォーマンスに優れた費用も魅力的で、初回相談料は無料。分割払いも対応しています。

無料の減額診断では、3つの質問でどれくらいの借金が減るのか分かりますよ。

対応地域 全国どこでもOK
相談料 無料
費用
(任意整理)
  • 着手金:11,000円~/件
  • 報酬金:11,000円~/件
  • 減額報酬:減額分の11%
受付時間 年中無休(24時間)
※WEB
対応業務 任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求
所在地
  • 大坂本店:大阪市中央区北浜2丁目2-22 北浜中央ビル3F
  • 東京支店:東京都千代田区神田和泉町1-1-14 パシフィックビル2F
\3つの質問だけ(無料・匿名)/

⑦司法書士法人みつ葉グループ

安心ポイント
  • 年中無休で24時間受付
  • 大手司法書士グループで安心できる
  • 匿名で無料の減額診断を受けられる
\全国対応!24時間受付/

 

司法書士法人みつ葉グループは、全国7ヶ所に拠点を持つ司法書士法人です。債務整理を中心に業務を行っており、複雑な借金問題でも解決に導いてくれます。

従業員は合計で200名を超えますが、所属している司法書士に懲戒歴などはなく安心して申し込めます。相談料はいつでも0円で、完済までサポート。

郵送物や電話の時間帯など配慮してくれるため、会社や家族にバレる心配がありません。

受付は、年中無休で24時間対応してくれます。キャッシングの返済に困っている人や2社以上の借り入れがあって借金が減らない人など相談するといいでしょう。

利息が高くて、いつ完済できるか分からない人も解決に導いてくれます。

対応地域 全国どこでもOK
相談料 無料
費用
(任意整理)
  • 着手金:55,000円/件
  • 報酬金:11,000円/件
  • 減額報酬:0円
受付時間 年中無休(24時間)
※WEB
対応業務 任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求
所在地
  • 本社:東京都港区虎ノ門5-12-11 NCOメトロ神谷町4階・5階
  • 札幌オフィス:北海道札幌市中央区大通西1-14-2 桂和大通ビル50 9階
  • 横浜オフィス:神奈川県横浜市西区楠町4-7 横浜楠町ビル3階
  • 大阪オフィス:大阪府大阪市阿倍野区旭町1-2-7 あべのメディックスビル2階
  • 広島オフィス:広島市中区立町2-23 野村不動産広島ビル9階
  • 福岡オフィス:福岡県福岡市中央区天神1-10-20 天神ビジネスセンター9階
  • 沖縄オフィス:沖縄県那覇市久茂地1-1-1 パレットくもじ9階
\全国対応!24時間受付/
\3つの質問(無料・匿名)/

⑧弁護士法人ユア・エース

安心ポイント
  • 全国から24時間365日受付
  • 相談実績は17万件以上
  • 初期費用0円で相談は何度でも無料
\全国対応!24時間受付/

 

弁護士法人ユア・エース(旧名:天音総合法律事務所)は、債務整理問題に対して非常に定評のある法律事務所です。

法律のプロが任意整理・個人再生・自己破産などを徹底サポート。300万円以上の借金が0円になった相談者もおり、実績は十分です。

相談料は0円でWEBからすぐに問い合わせが可能。全国から24時間365日受け付けています。

費用相場も初期費用が無料で他社より安くなっています。

相談実績は17万件を超えており、債務整理に強い弁護士が在籍。過払い金請求は着手金が0円となっており、費用を最小限に抑えたうえで債務整理のプロに解決してもらえます。

対応地域 全国どこでもOK
相談料 無料
費用
(任意整理)
  • 着手金:55,000円/件
  • 報酬金:11,000円/件
  • 減額報酬:減額分の11%
受付時間 年中無休(24時間)
※WEB
対応業務 任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求
所在地
  • 東京本店:東京都中央区日本橋堀留町2-3-14 堀留THビル10階
  • 福岡支店:福岡県福岡市博多区博多駅前1-15-20 NMF博多駅前ビル2階6号室
\全国対応!24時間受付/

⑨イージス法律事務所

安心ポイント
  • 親切丁寧なサポートで口コミ評価は4.5以上
  • 年間1,500件以上の解決実績
  • 債務整理の相談が初回無料
\3つの質問(無料・匿名)/

 

年間1,500件以上の解決実績を誇るイージス法律事務所。法テラス出身の弁護士も在籍しており、債務整理に関するプロのアドバイスを初回無料で相談できます。

家族や会社にバレない配慮も徹底しており、過払い金調査や書類作成など親身になって対応してくれます。各種費用のお支払いは、分割払い対応です。

イージス法律事務所に問い合わせてみたい人は、無料でできる借金の減額診断を受けてみましょう。最短30秒でどれくらいの借金が減るのか分かります。

返済が中々は減らないとお悩みの方や滞納している人も、診断を受けてみることをおすすめします。

対応地域 全国どこでもOK
相談料 無料
費用
(任意整理)
  • 着手金:44,000円~/件
  • 報酬金:11,000円~/件
  • 減額報酬:減額分の11%
受付時間 年中無休(24時間)
※WEB
対応業務 任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求
所在地 東京都中央区銀座6-2-1 Daiwa 銀座ビル3階
\3つの質問(無料・匿名)/

⑩新大阪法務司法書士事務所

安心ポイント
  • 着手金・報酬金が業界最低水準の1.1万円~
  • 分割払いに対応
  • 相談無料で全国から相談OK
\全国対応!24時間受付/

 

新大阪法務司法書士事務所は、債務整理・借金問題に注力している事務所です。任意整理の着手金・報酬金ともに安いのが特徴といえます。

相談無料で分割払いに対応、また着手金・報酬金は金融会社1社につき1.1万円からと業界内では破格の設定です。

任意整理・個人再生・自己破産に対応しており、親身になってサポートしてくれるのが強み。事務所は新大阪駅の側に構えていますが、全国から相談可能です。

月々の返済額を今すぐ減らしたい人や家族や職場に内緒で借金を完済したい人は、新大阪法務司法書士事務所を頼るといいでしょう。

対応地域 全国どこでもOK
相談料 無料
費用
(任意整理)
  • 着手金:11,000円~/件
  • 報酬金:11,000円~/件
  • 過払い基本報酬:33,000円
  • 過払い成功報酬:過払額の22%
受付時間 年中無休(24時間)
※WEB
対応業務 任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求
所在地 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
\全国対応!24時間受付/

まとめ:任意整理中でもあきらめない!カーローンを通す秘訣

今回は、任意整理中にもかかわらずマイカー購入を目指す方に向けて、

  • 任意整理中でもカーローンが通る可能性がある理由
  • 審査に通るために押さえるべき3つのポイント
  • 任意整理中におすすめのカーローン利用法

上記について、多くの任意整理案件に携わってきた司法書士としての知見を交えながらお話ししてきました。

任意整理中だからといって、新規のカーローンが絶対に通らないわけではありません。
着実に債務の返済を続け、一定期間が経過すれば、審査に通過できるチャンスはあるのです。
ローンの審査には、あなたの地道な努力が必ず反映されるのだと筆者は確信しています。

車が必須となる状況にある場合、自社ローンの利用、家族名義でのローン申し込み、カーリースやカーシェアリングの活用、中古車の一括購入、家族や友人からの借用など、さまざまな対処法があります。

個々の状況と経済的能力に応じて、最適な選択をすることが重要です。任意整理中でも、車を得るための適切な計画と決断は可能です。

少しでも審査の通過率を上げたいなら、安定した収入を示すために雇用契約書や給与明細を準備し、頭金を用意することも審査通過のポイントです。

また、他の借入を減らしたり、信頼性のある共同債務者を見つけることも考慮しましょう。

最終的には金融機関の要件や個別の状況によって結果は異なりますが、これらの対処法を試してみることでカーローン審査に通る可能性を高めることができるでしょう。

今こそ、一歩ずつ前に進む勇気が必要です。
ここまでの道のりは平坦ではなかったかもしれませんが、あなたが借金返済に真摯に向き合ってきたことは、けっして無駄にはなりません。
その努力が、必ずや新しいスタートへの助走になるはずです。

任意整理を経験したからこそ、お金の大切さや計画的に生きることの意義を、身をもって理解されたのではないでしょうか。
その経験を胸に、これからの人生を歩んでいってください。

夢を諦めず、希望を持ち続けることが何より大切です。
新しいマイカーを手に入れて、再スタートを切る日が必ず来ると信じています。
筆者はあなたの一歩一歩を心から応援しています。