弁護士法人オーガスタは怪しい?最新の評判・口コミを解説【迷惑電話・メールの有無も分かる】

オーガスタの評判

借金相談先を探していると、無料で相談できるオーガスタという弁護士法人について知る機会がある方も多いのではないでしょうか?

中には、ミネルヴァ法律事務所との関係が気になり、依頼して良いのか?など気になる点もいくつもあるかもしれません。

このページでは、弁護士法人オーガスタとはどのような事務所か、その口コミ・評判などと一緒にお伝えします。

\3つの質問で分かる!/

 

弁護士法人オーガスタとはどのような事務所か

弁護士法人オーガスタ

まずは弁護士法人オーガスタとはどのような事務所か確認してみましょう。

弁護士法人オーガスタの基本情報

弁護士法人オーガスタの基本的な情報は次のとおりです。

事務所名 弁護士法人オーガスタ(第二弁護士会所属)
所在地 東京都千代田区神田三崎町2-17-9 SNT水道橋ビル(JR水道橋駅徒歩1分)
電話番号 03-6833-3821
FAX番号 03-6261-5051
公式ホームページ https://augusta-law.com/ (事務所全体)

https://shakkin-soudan-aug.net/(債務整理特設サイト)

代表弁護士 樫塚 紘之

なお、「オーガスタ 評判」などで調べると、イベント会社に関する情報がたくさん出てきますが、別の組織であり全く関係はありません。

事務所はJR水道橋駅西口から徒歩1分ほどのところで、都営地下鉄三田線の水道橋駅からは徒歩3分程度のところにあります。

東京メトロ各線の飯田橋駅からも徒歩10分ほどの所にあるので、便利な立地です。

弁護士法人オーガスタに所属する弁護士に関する情報

弁護士法人オーガスタには次の3名の弁護士が所属しています。

氏名 所属
樫塚 紘之 第二東京弁護士会所属 登録番号第53702号
水之浦 明人 東京弁護士会所属 登録番号第50051号
羽田 貴博 第一東京弁護士会所属 登録番号第59255号

弁護士法人・代表弁護士ともに第二東京弁護士会ですが、他の2名の弁護士はそれぞれ東京弁護士会・第二東京弁護士会所属である点については、特に深い意味はないので気にしなくても大丈夫です。

弁護士法人オーガスタの業務内容

弁護士法人オーガスタの業務内容は次のようなものがあります。

個人

  • 債務整理
  • 刑事事件
  • 詐欺被害金返済請求
  • 相続問題・相続放棄
  • 闇金対応
  • 労働紛争
  • 離婚・男女問題
  • 債権回収
  • 交通事故
  • 不動産
  • 個人情報紛争

法人

  • 顧問弁護士業務
  • 取引関係紛争
  • 人事労務関係紛争
  • 顧客対応
  • 業務妨害対策
  • 経営権紛争
  • 危機管理

弁護士法人オーガスタの最も得意とする債務整理は事務所の業務案内の中でも一番最初に挙げられており、かつ様々な問題に対応することができます。

例えば、借金があることで離婚になった、債務整理中に相続が発生した、借金をした原因が詐欺にあったことが原因である、労働問題も同時に抱えているという場合にも対応が可能であるといえます。

また特筆すべきは、闇金問題にきちんと対応することができる点です。債務整理をする事務所の中には、闇金問題がある場合には対応をしないとうケースも珍しくありません。

弁護士法人オーガスタでは、闇金問題にまできちんと対応していることが明記されています。どのような借金でも対応することができる点では頼もしい事務所であるといえるでしょう。

債務整理に関する弁護士費用

債務整理に関する弁護士費用については次の通りです。

内容 費用(税込)
法律相談 無料
減額診断の利用 無料
完済した債務の過払い金請求 基本報酬0円
過払い報酬22%
返済中の任意整理 着手金55,000円~
減額報酬金11%
減額報酬0円
自己破産
個人再生
弁護士費用に関する記載は公式HPにはなし

債務整理・過払い金請求に力をいれている事務所では、法律相談料が無料であることがほとんどなので、この点は弁護士法人オーガスタは債務整理に力を入れているといえるでしょう。

完済した債務の過払い金請求については、着手金や基本報酬のかからない成果報酬制なので、安心して依頼をすることが可能です。

返済中の債務整理については、着手金は弁護士会の規定する報酬規定の上限で、「~」となっているのは闇金融や商工ローンなど、弁護士会の規定する報酬規定の制限を受けない整理に関するものである可能性が高いでしょう。

減額報酬金は、減額分の11%なので上限の金額です。

減額報酬というのは、おそらく弁護士会の報酬規定の中での解決報酬金のことを言うと推定できるのですが、弁護士会の報酬規定では1社解決するごとに2万円(税別)とされているところ、オーガスタでは0円となっているので、解決したときの報酬は上限一杯の金額を設定している事務所よりかは安いといえるでしょう。

自己破産・個人再生については、事務所のオフィシャルサイト・債務整理特化サイトにも記載がないので、面談時に聞いてみるようにしましょう。

費用の目安としては、どの手続も30万円~50万円程度の中で幅を持たせているので、他の事務所と相見積もりをとってみるのも良いかもしれません。

\3つの質問で分かる!/

弁護士法人オーガスタの評判・口コミ

では、弁護士法人オーガスタの評判・口コミについて確認しましょう。

弁護士法人オーガスタの良い評判・口コミ

弁護士法人オーガスタの良い評判・口コミとしては次のようなものがあります。

※出典:いずれもGoogle口コミより

クレジットカードを使い過ぎてしまい、借金がたまり首が回らなくなりました、その時に減額診断を受けました。借金でどうすればいいかわからないなか電話での丁寧な対応、弁護士の面談時間を調整してくれました。また債務整理について、和解成立について丁寧におしえてくださりました。不安で戸惑っていた私に対して真剣に対応してもらい感謝しています。

担当の弁護士がいましたが、複数の弁護士に相談したくてお伺いしました。相談だけで終わってしまいましたが丁寧に対応していただきました。何かあった時にはよろしくお願いします。

電話口の方がとても親身にお話を聞いてくれました。女性の方で話し方なども優しくわかりやすいように説明していただきました。人に話しにくい内容なので、話しやすく誘導してくれた女性の方に感謝してます、ありがとうございます。

最終的に自己都合により依頼はしませんでしたが私にわかりやすくご説明と相談に乗っていただき感謝しております。ありがとうございました。

いろんな弁護士事務所を回っている時に行ったのですが、他の弁護士は態度がでかく話をしても一方通行でひどい先生も多かったのですが、しっかりと寄り添って話を聞いてくれました、デリケートな問題でしたので優しく寄り添って話を聞いてくれたのは精神的にも助かりました、費用だけで決めてはダメなんだなと改めて感じました。これからよろしくお願いします。

トラブルで他の弁護士には断られ続けてもうだめだと諦めていたときに電話で相談した所すぐに受けていただきました、本当に感謝でいっぱいです、ありがとうございました。

弁護士法人オーガスタに寄せられている良い口コミには、相談事に丁寧な対応をしていることにあるようです。

債務整理については、弁護士の中には「クレサラ案件(クレジットとサラリーマン金融の2字づつをとった造語)」という蔑称を使って、対応をしたがらない、相談・依頼をされても適当な対応をして真摯に向き合わないことがあります。

弁護士法人オーガスタでは、丁寧な説明を心がけているのではないかと推測できます。

また、他の事務所に相談した上で、セカンドオピニオン的な相談にも快く応じて説明しているといえます。

債務整理の相談は無料であるにも関わらず、しっかりと説明をしてもらえることが期待できます。

弁護士法人オーガスタの悪い口コミ

一方で弁護士法人オーガスタには悪い口コミもあります。いくつか種類があるので分けて見てみましょう。

※出典:いずれもGoogle口コミより

なんでスマホのゲームに死ぬほど広告流すのか理解に苦しみます。弁護士なのにあなたの借り逃げを手伝いますとしか言いようがない。

インターネット上に品位を疑うような広告を流しており信頼性に疑問符が付く

まず、弁護士法人オーガスタに債務整理を相談してもらうための広告が掲出されることに対して不満があり、悪い口コミを記載している人がいます。

債務整理などの個人の法律問題については弁護士間でも顧客獲得のための競争がおこなわれており、様々な広告方法が模索されています。

その中でwebを使った広告が非常に流行っているのですが、どうしても債務を抱えていない人に対しても広告が出てしまいます。人によっては不快でしょう。

ただし、このような広告を出すのは、債務整理などの案件を継続的に受け入れるために、事務員を雇用し設備を整えるなどで、体制をしっかり整えていることの裏返しであるとも言えます。

ここの皆さんの口コミ通り、良い事務所とは思えません。任意整理を頼んでいますが、こちらから催促しないと支払っているお金がどこにいくら使われているのか説明がありません。

契約まではとても押しの強め(勢いのある)営業ですが、契約してしまえば放置って感じです。基本毎月の支払日お知らせメールしか来ません(笑)

これから弁護士事務所を検討されている方は、口コミ等良く確認し、冷静な判断で契約した方が良いかと思います。

相談をしてから契約をするまでの押しが強めである一方、契約した後の対応について不満の口コミが寄せられています。

毎月の返済については、和解内容のお知らせ・書面の本人への送付などがなければ、このような不満が出る可能性はあります。

ただ、事務所がお金を預かって債権者に返済する弁済代行の場合には、依頼者にはいくらの支払いを毎月して欲しいということのみを決めて、事務所で細かい返済方法で対応することもあります。

弁護士という頭が良い人は他人の話を聞く事ができないのか?と思わざるを得ない。

債務整理の債務整理をする人が増えています。債務整理の費用などを明確に提示している場所を選択してください。法テラスや、公的な機関や金融機関などに相談してください。また他の弁護士事務所、司法書士事務所、行政書士事務所と見積もりなどを出してもらい比較することも有効です。

他には、事実関係が不明でよくわからない口コミや、事務所と関係ない口コミが寄せられています。

闇金融の依頼を受けていると、返済を拒否された闇金融によって評価を貶めるような口コミが記載されることもありますので注意が必要です。

\3つの質問で分かる!/

弁護士法人オーガスタに債務整理を相談・依頼できる?

では弁護士法人オーガスタに債務整理を相談・依頼することはお勧めできるのでしょうか。

弁護士法人オーガスタから迷惑電話・迷惑メールがきて怪しい?

実は弁護士法人オーガスタには、迷惑電話・迷惑メールがくるという口コミがあります。

頼んでもいないのになぜメール来たのか不明。しかも借金は無いです。心配なのでメール下さいとか変なメールして来ないで下さい。

出典:Google口コミより

これらの電話・メールは、後述する借金減額診断を利用したときに提供する情報に基づいて行われるようです。

そのため、借金減額診断を利用したけども、それが弁護士法人オーガスタが開設しているものだと気づかず、電話やメールを受け取った人が、突然メールを送ってこられたと勘違いしたものである可能性があります。

弁護士法人として、本人が提供していないにもかかわらず名簿屋などから違法に情報を収集して本人に広告を送るようなことをすると、弁護士法人や代表者・所属弁護士が懲戒処分にあう可能性があるので、そのような心配は皆無でしょう。

「ミネルヴァ」との関係は?

さらに、弁護士法人オーガスタには、次のような口コミもあります。

ここはお客に対する対応がマジでなってない。そりゃあミネルヴァの中の人が引き継いでおりますし、借金に困ってる人からさらに金を巻き上げることしか考えていないです。

着手から一年くらいはアホみたいに相場よりも割高な着手金など黙々と払わせて、それらを払い終わる頃には消える。

一年何払ってたのかわからないようなミネルヴァの遺伝子を継ぐため、いつ計画的に倒産するか分からない悪徳会社と思って間違いないです。やめておいた方がいい会社だと思います。

出典:Google口コミより

こちらにある「ミネルヴァ」とは、弁護士法人ミネルヴァ法律事務所のことを指します。

弁護士法人ミネルヴァ法律事務所は、債務整理・過払い金請求の依頼を中心に活動していた弁護士法人なのですが、実質的には広告を請け負っていた広告代理店に支配されており、過払い金を流用して広告費用とするなど問題のある運営を続けており、依頼者に過払い金を返還できず倒産しました。

代表弁護士である樫塚紘之弁護士は元はこの弁護士法人ミネルヴァ法律事務所で勤務していた弁護士だったことからこのような口コミが寄せられるに至っております。

しかし、弁護士法人オーガスタは、弁護士法人ミネルヴァ法律事務所に依頼をしていて債務整理が途中になってしまった人を受け入れるなど、適正な事務を行う姿勢が見られます。

この事務所では樫塚紘之弁護士も従業員として働いてた立場なので、ミネルヴァ法律事務所で勤務していたことをもって問題のある事務所と見るのは早計であるといえます。

弁護士法人オーガスタ・所属弁護士に懲戒歴はない

弁護士法人・弁護士はそれぞれ、都道府県にある弁護士会に所属しており、弁護士が不適切な行為をした場合に所属している弁護士会は懲戒処分を出します。

債務整理の場合には、依頼をうけて案件を放置したようなケースや、過払い金を着服したような場合、弁護士資格を名義貸ししたようなケースで懲戒処分がくだされています。

弁護士法人オーガスタおよび所属している3名の弁護士それぞれに、これらの懲戒歴はありません。この点では安心して相談・依頼をすることができるといえるでしょう。

\3つの質問で分かる!/

弁護士法人オーガスタの借金減額診断

弁護士法人オーガスタでは借金減額診断を用意しています。

オーガスタの減額診断

借金に関するものとしては、

  • 現在の借金の総額
  • 借り入れ期間
  • 返済が可能かどうかの状況

の質問を入力します。実は2010年6月18日から出資法の利息が現在の利息制限法と同じ利息になったことから、グレーゾーン金利と呼ばれる、取りすぎと評価される利息がなくなりました。

それ以前から借り入れをしているような場合には、グレーゾーン金利として支払っていた部分を減額できるのです。この診断では、グレーゾーン金利として支払っていた可能性を確認できます。

ただし、あくまで減額の可能性をはかることができるにすぎず、減額診断の結果で減額の可能性があっても、かならず減額されるわけではありません。

そのため、減額の可能性があるのかどうかを気軽に試すために利用してみましょう。

\3つの質問で分かる!/

まとめ

このページでは、弁護士法人オーガスタについてお伝えしました。闇金対応まできちんとできる事務所である弁護士法人オーガスタは、頼りになる事務所であるといえます。

なお、自己破産・個人再生を希望する場合には、費用をきちんと確認し、他の事務所のものと見積もりをつきあわせながら依頼することをお勧めします。