闇金問題は弁護士・司法書士に相談すべき?解決方法やおすすめの法律事務所を徹底解説

闇金問題は弁護士に相談すべき?

借金の中でも、特殊な対応が必要なのが闇金問題です。闇金問題はどうして特殊な対応が必要で、どのような方法で解決するのが妥当なのでしょうか。

闇金被害に遭ってしまったら、一人で抱え込まずに弁護士や司法書士に相談しましょう。専門家の知識や経験を活かし、適切な対応をしてくれます。

このページでは、闇金問題の解決方法についてお伝えします。

闇金とは?

そもそも闇金とはどのようなものなのでしょうか。

闇金とは

闇金について明確に法律などで定義はありませんが、

  • 利息の上限を定める利息を超える利息で貸し付ける
  • 貸金業法に基づく登録をしないで営業をしている
  • 貸金業法に規定されている取り立て規制を守らない

という特徴を持つ貸金業者をいいます。 利息については、利息制限法・出資法という法律で、年利20%の上限利息があるのですが、闇金はトイチと呼ばれる365%もの上限利息を超える貸付を行っています。

上記のような利息で貸付を行うため、貸金業を営むために必要な貸金業法に基づく登録を行っていないことがほとんどです(稀にですが貸金業登録を行っている闇金がいます)。

さらに貸金業者は、貸金業法21条1項に規定されている取り立て規制を守る必要があるのですが、闇金は決められた時間以外の取り立て、脅迫的な行為を行うなど、貸金業法に違反する取り立てを行っています。

闇金の取り立ての実際

闇金から借り入れをして返済ができなくなった場合の取り立てはどのようなものなのでしょうか。 闇金を取り扱う漫画やテレビドラマを見たことがある方であれば、返済を求めて暴力を振るう・土下座をさせる・女性の場合には性風俗業に従事させて回収する、というイメージを持っているのではないでしょうか。

しかし、これらの直接的な接触は、闇金自体が逮捕されるきっかけになるので、実際には行われません。 闇金は、違法に手に入れた携帯電話を利用して、本人・親族・職場などに脅迫的な電話をかけます。

また、ピザや出前などを大量に注文したり、警察や消防に虚偽の通報をすることもあります。それ以上の直接的な行為は行いません。

闇金から借り入れをした場合の民事上の効力

闇金から借り入れをした場合、その借入契約には違法性があります。闇金は、出資法や利息制限法に違反することで高い利息を課し、脅迫的な取り立てを行うことが一般的です。

しかし、このような違法行為に基づく契約は、法的な効力がありません。 元金の返済義務に関しては、民法708条により不要となっています。

つまり、元本と利息の返済義務が発生しないということです。 ただし、闇金は犯罪であり、脅迫や恐喝行為が行われることも少なくありません。

したがって、闇金から借り入れをした場合には、適切な対応をすることが大切です。

闇金は刑事事件になる

闇金からの借り入れは、違法行為に基づく契約であることが多いです。例えば、上限利息を超える利率での貸付は、出資法5条により刑事罰が課せられます。

また、脅迫的な取り立てを行うことは、刑法の脅迫罪(刑法222条)・恐喝罪(刑法249条)に該当し、貸金業法21条1項や47条の3第3号に違反することになります。

したがって、闇金被害に遭ってしまった場合には、弁護士や司法書士に相談し、法的手段を活用することが重要です。 専門家の助けを借りて、適切な解決策を見つけ、被害を最小限に抑えることが必要です。

闇金問題を解決するには弁護士・司法書士への依頼が不可欠

以上のような闇金問題ですが、解決には弁護士・司法書士への依頼が欠かせません。

警察に相談しても解決につながらない

まず、闇金は刑事事件なので、警察に相談すれば解決しないのでしょうか。 闇金は刑事事件なのですが、携帯電話での行動くらいしか把握できないため、逮捕・検挙が非常に難しいことで知られています。 そのため、

  • お金の貸し借りであれば民事事件なので民事不介入だ
  • まだ取り立てがされていないのであれば実害がない

などとして、督促がなくなるまで徹底的に解決するということが期待できません。 たとえば警察に相談に行って、その場で闇金に電話してくれて解決したように見えても、その日の夜には激しい督促を行うような事例はよくあることです。 警察に相談するだけでは、解決にはなりません。

闇金側の要求(携帯電話の契約や銀行口座の提供)に応じれば解決する?

闇金に返済できなくなったとき、過酷な督促を行うのではなく返済の代わりに携帯電話の契約や銀行口座の提供を求められることがあります。 しかし、携帯電話や銀行口座を提供することは、闇金の犯罪行為を助けることになり、共犯あるいは幇助犯として処罰される可能性があります(刑法62条・刑法64条)。

また、闇金グループが摘発される際には、携帯電話や口座を提供した人も同時に逮捕されることがあります。

さらに、提供が明るみになると、携帯電話や銀行口座を利用できなくなり、生活に大きな支障をきたす可能性があります。 そのため、携帯電話や銀行口座の提供には応じず、闇金対策の専門家や弁護士に相談することをお勧めします。

弁護士・司法書士に相談しないと解決は難しい

闇金問題を解決するには、弁護士や司法書士に相談することが必要です。彼らは債務整理の一環として、闇金に対処することができます。 闇金に対処する方法として、携帯電話や銀行口座の利用停止などの措置を取ることが有効です。

これによって、闇金に対して圧力をかけることができます。 携帯電話や銀行口座は、不法に入手することが非常に困難であり、高いコストがかかるため、逮捕の危険があります。

このため、利用停止措置を取ることで、闇金が取り立てを諦めます。しかし、これらの措置は弁護士や司法書士に依頼して行う必要があります。

債務整理で司法書士は権限が制限されているものがあるが闇金はこれに該当しない

債務整理においては司法書士は権限が制限されいます。例えば、自己破産をする場合に、裁判所や管財人の面談に同席することができません。

しかし、闇金への対応については、司法書士はなんら権限を制限されていないので、弁護士・司法書士いずれに依頼する場合でも変わりません。

闇金問題を弁護士・司法書士に依頼した場合の解決の流れ

闇金問題を弁護士・司法書士に依頼した場合の解決の流れは、以下のようになります。

全体の流れ

  1. 弁護士・司法書士に相談・依頼する
  2. 弁護士・司法書士が闇金に対して取り立てをやめるように交渉する
  3. 取り立てが続いている場合は、携帯電話や銀行口座の停止のための手続きを行う
  4. 取り立てが停止する

弁護士・司法書士の介入により、闇金が督促を行う場合でも、長くても3日程度しか行いません。 適切に対処されていれば、3日以内に解決することが期待できます。

STEP1.弁護士・司法書士に相談・依頼する

まずは、闇金問題を扱っている弁護士や司法書士に相談してみましょう。多くの事務所では、初回相談は無料で行っています。 相談時には、借りた金額や利息、取り立ての状況などを詳しく伝えてください。

また、契約書や督促状などがあれば持参すると良いでしょう。 弁護士や司法書士は、あなたの状況を把握した上で、解決方法や費用などを説明してくれます。納得したら、正式に依頼しましょう。

STEP2.弁護士・司法書士が闇金に対して取り立てをやめるように交渉する

依頼が成立したら、弁護士や司法書士があなたの代理人として闇金業者と交渉します。

通常は、電話や郵送で業者に連絡し、「債務不存在通知」という文書を送付します。 この文書では、「違法な高利貸しであること」「債務が存在しないこと」「今後一切連絡しないこと」などを通知します。

また、「連絡や取り立てを続ける場合は訴訟等の法的手段を取ること」も伝えます。

STEP3.取り立てが続いている場合は、携帯電話や銀行口座の停止のための手続きを行う

多くの場合、弁護士や司法書士からの通知で闇金業者は取り立てを止めますが、中には執拗に連絡や督促を続ける業者もいます。

そのような場合は、携帯電話番号や銀行口座番号などを変更する必要があります。これらの手続きも弁護士や司法書士がサポートしてくれます。

STEP4.取り立てが停止する

携帯電話番号や銀行口座番号を変更すれば、闇金業者から連絡される可能性はほぼ無くなります。 また、「債務不存在通知」から一定期間(3ヶ月程度)経過すれば、「時効援用」という方法で債務自体も消滅させることができます。

闇金問題の弁護士・司法書士の選び方と費用

闇金問題の解決のために、弁護士・司法書士はどのような選べば良いでしょうか。

債務整理をしている弁護士・司法書士が必ず対応しているとは限らない

債務整理をしている弁護士・司法書士が必ず闇金問題に対応しているわけではない点に注意が必要です。 闇金問題は、債務整理という側面よりも、金融犯罪に対応するという側面も持っており、一般の貸金業者とは異なりタフな交渉を余儀なくされます。

そのため、闇金問題に対応する弁護士・司法書士が少なく、対応していない場合もあることを覚えておきましょう。

闇金問題の専門知識を持っていることが最重要

闇金問題の対応に長けた弁護士・司法書士を探すには、その専門分野を公表している弁護士事務所のホームページを確認するのが良いでしょう。

一方、知り合いの弁護士・司法書士に紹介してもらうという方法もありますが、闇金問題は犯罪に関わることもあるため、勧めづらいという現実があります。

また、インターネットで検索する場合には、闇金問題に対応しているかどうかを明確に示している弁護士事務所を選ぶようにしましょう。

闇金問題の解決費用は2~6万円が一般的(相談は無料)

闇金問題に関する弁護士・司法書士の費用は、弁護士・司法書士に相談するためには、相談料が必要となることが多いです。 しかし、闇金問題のように、お金がない状況で相談・依頼しなければならないものについては、無料で相談を受けている弁護士・司法書士が多いです。

一般的に、闇金1件あたりの費用は2~6万円(税別)程度であり、任意整理のように、闇金問題についても1件あたりの費用が設定される場合があります。

ただし、具体的な費用については、依頼する弁護士・司法書士によって異なります。そのため、まずは複数の弁護士・司法書士に相談し、費用や対応方法を比較することが重要です。

分割払いの相談ができる

弁護士・司法書士費用が払えない場合には、弁護士・司法書士費用を分割にしてもらうことが可能です。

依頼を受けて闇金問題が収まった後に分割で支払うことができるため、弁護士・司法書士に相談する際には、支払い方法についても確認することが大切です。

【全国対応】闇金問題の無料相談ができる弁護士・司法書士5選

闇金問題について当サイトでは次の事務所をお勧めします。いずれも全国対応なので、どの地域にお住いの人でも申し込めます。

おすすめ
  • ウイズユー司法書士事務所
  • 司法書士法人アストレックス
  • 弁護士法人サンク法律事務所
  • 弁護士法人ユア・エース
  • はたの法務事務所

ウイズユー司法書士事務所

ウイズユー司法書士事務所

名称 ウイズユー司法書士事務所
所属司法書士 奥野正智 大阪司法書士会 第2667号 簡裁認定番号 第312416号 髙屋博 大阪司法書士会 第3675号 簡裁認定番号 第912060号
所在地 大阪市北区東天満2-9-1 若杉センタービル本館7F
闇金対応費用 相談料:無料 費用:闇金1件あたり55,000円(税込)

ウイズユー司法書士事務所は、闇金融対策や債務整理、相続手続きなどの法律問題に対応する、信頼性の高い司法書士事務所です。 事務所の所在地は大阪市ですが、全国の闇金に対応をしています。

さらに、初回相談は無料であり、相談内容に応じた適切なアドバイスを提供しています。 後払い・分割での支払いも可能です。 闇金融対策においては、返済のできない債務を抱えた人々が悩みや問題を抱えている場合、適切なアドバイスやサポートを提供することで、解決への手助けを行っています。

また、債務整理や相続手続きにおいても、経験豊富なスタッフが丁寧かつ迅速に対応し、問題解決へのサポートを提供しています。 特に債務整理については、適切な手続きのアドバイスから実際の手続きの代行まで、一貫したサポートを行っており、多くの方々から高い評価を受けています。

ウイズユー司法書士事務所は、クライアントの声に耳を傾け、適切なアドバイスやサポートを提供することで、多くの方々から信頼されています。

また、法律に関する専門的な知識を持つスタッフがおり、丁寧かつ迅速な対応が可能となっています。 法律問題で悩んでいる方々は、ウイズユー司法書士事務所に相談することで、適切なサポートを受けることができます。

司法書士法人アストレックス

司法書士法人アストレックス

名称 司法書士法人アストレックス
所属司法書士 川﨑 純一 大阪司法書士会 第4687号 簡裁訴訟代理等認定番号 第712032号
所在地 大阪市中央区淡路町1-4-9 TPR北浜ビル7階
闇金対応費用 相談料:無料 費用:闇金1件あたり55,000円(税込

司法書士法人アストレックスは、闇金問題に強い司法書士事務所の一つです。 闇金問題は多くの人が抱える深刻な問題であり、返済が困難になり、そのまま放置してしまうと、法的トラブルや自己破産に至ることもあるため、早急な対応が必要です。

アストレックスは、闇金問題に対応する司法書士として、相談から解決までトータルサポートを行っています。まずは無料相談を受け付けており、弁護士との併用も可能です。 アストレックスの強みは、闇金問題に特化した豊富な知識と経験にあります。過去に解決した実績も豊富で、交渉力に優れた専門家が多数在籍しています。

闇金問題に対する解決策は、任意整理、過払い金請求、債務整理、和解交渉、示談交渉など多岐にわたりますが、アストレックスでは、個々の事情に応じた最適な方法を提案し、効果的に対応しています。 また、アストレックスは、闇金業者との交渉にも熟練しており、強引な取り立てや嫌がらせ行為に対しても断固として対処しています。

さらに、一度契約をしてしまった場合でも、違法性がある契約については、無効を主張することも可能です。 闇金問題は、簡単に解決できるものではありませんが、アストレックスは、豊富な知識と経験を持つ専門家が迅速かつ適切に対応し、最善の解決策を提供してくれます。

また、費用についても、分割払いなど柔軟な対応を行っており、多くの人が安心して相談できる環境を整えています。

弁護士法人サンク法律事務所

サンク総合法律事務所

名称 弁護士法人サンク法律事務粗h
代表弁護士 樋口 卓也 第二東京弁護士会 第29906号
所在地 東京都中央区八丁堀4-2-2UUR京橋イーストビル2階
闇金対応費用

弁護士法人サンク法律事務所は、闇金問題や債務整理など、借金トラブルの解決に強い法律事務所です。 闇金被害にあった場合、早期解決が求められます。 サンク法律事務所は、闇金業者との交渉や債務整理に関する専門的な知識を持った弁護士が在籍しており、適切なアドバイスを提供することで迅速かつ効果的な解決を図ります。

また、債務整理についても、任意整理、個人再生、自己破産といった方法に精通しています。債務整理には、個人の状況に応じた最適な方法があります。 サンク法律事務所では、個々の状況を詳しく把握し、適切な債務整理方法を提案します。また、債務整理によって借金問題を解決した後の生活についても、きちんとサポートします。

サンク法律事務所は、借金トラブルの解決に特化した法律事務所として、顧客満足度の高さで知られています。 相談者には丁寧かつ親切な対応を心がけ、解決に向けて全力で取り組みます。

相談料は無料であり、初めての方でも気軽に相談することができます。 借金問題でお困りの方は、弁護士法人サンク法律事務所に問い合わせてみましょう。

\3つの質問で分かる!/
サンク総合法律事務所の口コミ 弁護士法人サンク総合法律事務所の評判・口コミ【任意整理の費用は高い?】

弁護士法人ユア・エース

名称 弁護士法人ユア・エース
代表弁護士 正木 絢生 第二東京弁護士会登録番号56463
所在地 東京都中央区日本橋堀留町2-3-14 堀留THビル10階 福岡県福岡市博多区博多駅前1-15-20 NMF博多駅前ビル2階6号室
闇金対応費用

弁護士法人ユア・エースは、闇金問題や債務整理に関する法律相談に対応する法律事務所です。 闇金融は、違法な高金利貸付を行う悪徳業者のことであり、闇金被害に遭うと生活が困窮することがあります。

弁護士法人ユア・エースでは、闇金業者からの取立てを止めるための交渉や訴訟手続きの支援、違法行為による損害賠償請求など、闇金問題に関する法律的な解決策を提供しています。 また、債務整理に関する相談にも対応しており、借金などの返済が困難になってしまった場合に、適切な債務整理方法を提案しています。

債務整理には、自己破産、個人再生、任意整理などがあり、弁護士法人ユア・エースではクライアントの状況に合わせて最適な債務整理方法を選択し、手続きをサポートしています。 債務整理や闇金問題は、生活に大きな影響を与えることがあるため、法律的な解決策を早期に求めることが重要です。

弁護士法人ユア・エースは、経験豊富な弁護士が丁寧に対応し、クライアントの権利を守りながら問題解決に向けて全力で取り組んでいます。 無料で相談可能なので、まずは相談をしてみましょう。

\全国対応!24時間受付OK/
ユアエースの口コミ 弁護士法人ユア・エースの口コミや評判をレビュー

はたの法務事務所

はたの法務事務所

名称 司法書士法人はたの法務事務所
代表司法書士 代表 司法書士 鈴木 法克 東京司法書士会所属 第7018号 簡裁訴訟代理等認定番号 第101196号
所在地 本店:東京都杉並区荻窪5丁目16 6階 大阪支店:大阪府大阪市淀川区西中島4-11-21 新大阪コパービル303
闇金対応費用

はたの法務事務所は、闇金問題や債務整理に関する法律相談・代理人業務を専門に行っている法律事務所です。 司法書士実績35年、相談実績は延べ15,000件を超える豊富な経験と実績があります。 債務整理や過払い金請求だけでなく、闇金問題にも強く、返済不能者や被害者に寄り添った対応をしてくれます。

闇金被害にあった方に対しては、闇金業者との交渉や、法的手続きの代理を行い、被害者が抱える問題を解決します。 また、債務整理についても、個人再生、任意整理、自己破産など、お客様の状況に応じた最適な方法を提案し、代理人として手続きを行います。

はたの法務事務所は、多くの闇金被害や借金問題の解決に携わっており、専門的な知識や経験を持っています。また、相談者に対して丁寧に対応し、信頼関係を築くことを大切にしています。 相談料金は完全無料で、料金形態も明確で分割払いも可能。初期費用が心配な方でも安心して利用でます。

債務整理歴が非常に長く、無料相談も実施しているので、まずは相談してみましょう。

\借金減額の無料相談/
はたの法務事務所の口コミ 【2024年】はたの法務事務所の口コミ・評判を徹底解説

闇金問題を弁護士・司法書士事務所に依頼する際のQ&A

弁護士・司法書士に依頼しても督促が止まらないケースはある?

弁護士や司法書士に依頼すると、闇金が携帯電話や銀行口座の利用停止に抵抗することがありますが、一般的にはこれらの措置によって督促が止まることが期待されます。

ただし、督促が止まらないケースもあります。例えば、既に携帯電話や銀行口座が利用停止になっている場合、闇金が最後のチャンスとして取り立てを行うことがあります。

また、返済を一度も行っていない場合や、同じ闇金が名前を変えて多額の借入を行っている場合には、激昂した闇金が採算度外視で取り立てを行うこともあります。

闇金と弁護士・司法書士がグルになっていることはある?

闇金と弁護士・司法書士がグルになっているケースがあるのでしょうか。 闇金と弁護士・司法書士がグルになっていることが発覚すると、弁護士が所属している弁護士会や、司法書士が所属している司法書士会から懲戒処分を受ける可能性があります。

また、懲戒処分はインターネット上で公表されるため、営業に大きな支障をきたすことになります。 そのため、闇金と弁護士・司法書士がグルになっているケースはないと言えます。

闇金の相談を弁護士・司法書士と行うと嫌がらせされない?

闇金の相談を弁護士・司法書士と行うことで、嫌がらせを受ける可能性はありません。

なぜなら、闇金は債務者を24時間監視しているわけではなく、相談したことが闇金に伝わることはありません。 また、弁護士や司法書士は秘密保持義務を負っているため、相談内容は外部に漏れることはありません。

まとめ

このページでは、闇金の相談を弁護士・司法書士にすべきかについてお伝えしました。

闇金は法律に違反する違法な貸金業者であり、被害に遭ってしまった場合、独力で対処することは非常に困難です。 弁護士や司法書士に相談することで、法的手段を駆使して適切な解決策を見つけることができます。

また、専門家の助けを借りることで、被害を最小限に抑えることができるため、闇金被害に遭ってしまった場合には、一人で悩まずに、早めに相談することが大切です。